スタッフブログ
2015年03月28日

体操教室今年度最終日でした^^

今日は今年度の体操教室の最終日でした。

 

しありんくは3年半前にオープンしましたので、

オープンから年少クラスに来てくれている子供たちは、

もう3年も通ってくれていました^^

 

その子たちの人生の半分を、

私たち体操のインストラクターは見てきたことに (*>▽<)o キャー!

そう思ったら、本当に感慨深いものがありました。

 

年少の時は、5秒と座ってられなくて

1時間ずっとマットの周りを走り回っていた子もいました。

その子は、とび箱も飛べるようになりました。

 

2年前、年中になったばかりの頃に入ってきたお友達。

本当にまじめで、教えてもらったことをコツコツコツコツ練習してきました。

その子は空中逆上がりが出来るようになって、

最後には空中前回りの練習をしていました!

 

身体が柔らかい女の子は、

柔軟性があるけど体幹の掴み方がわからなくて

フニャフニャで、逆立ちと側転が上手に出来ない子もいました。

最後には、逆立ちを一番上手に出来るくらいの体幹が付きました^^

 

3年間いっつもニコニコニコニコしながら真剣に練習出来ないお友達。

最後にはとび箱を飛べるようになって、

『よし!!!』って、ガッツポーズをとってくれました!

やれば出来るんだ!って、わかってくれたかな~

 

本当に色々な思い出がある学年でした。

 

ひとりひとりに個性があって、

私たちも楽しませてもらいました^^

 

長い間、子供たちの送り迎えをしてくれた、

おかあさん、おとうさんにも感謝です。

 

習い事では子供は初め、親の思うとおりになんていきません

『これくらいうちの子供は出来るのでは?』

と思ってしまうと、子供に褒めてあげられることが少なくなります。

 

むしろ『なんでそんなことが出来ないの?』

って思ってしまいます。

 

『こんなこともできるようになったんだ!』

そう思うようにするだけで、

沢山褒めてあげられます

 

子供もすごくうれしいです。

 

親の希望や期待、もちろんカワイイ我が子にしてしまうけれど、

押し付けないでいてあげてほしいな、と思っています。

 

ちゃんと今の子供を見てあげて、

一生懸命頑張っている姿を見守ってあげれば、

子供も最後まで楽しく頑張り続けることが出来ます。

 

また年度が変わって、新しい小さなお友達が来てくれます。

この子たちが3年後どう成長しているのか

楽しみにしていたいと思います。

 

今年度もありがとうございました。

来年度も、しありんくの体操教室をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

2015328154059.JPG